空室対策

【入居率アップ】宅配ボックス設置による賃貸住宅の空室対策

2020-07-18

イメージ

この記事では、所有(管理)している賃貸住宅(アパート、マンション)が空室になり困っているオーナー(大家)や不動産管理会社のお悩みにこたえていきます。

私の物件も空室で困っていた時期がありましたが、その時、入居者(ユーザー)に選んでもらわなければならないのだから、入居者が物件に望んでいることは何だろうと深く考えました。家賃を下げるのは簡単ですが1度下げたら値上げは難しいので、物件に付加価値を付けることにしました。

当時の経験や、全国を出張して多くの不動産会社の社長さんや会社の幹部の皆様と情報交換をさせていただいているので、それらをもとに書いていきたいと思います。

最初に結論をお伝えします。

いま空室でお困りでしたら、宅配ボックス(宅配ロッカー)の設置(置き配)をおすすめします。

宅配ボックスは入居者に人気の設備ですので、設置により空室対策(入居率アップ)につながります。既存入居者の満足にもつながります。しかも、リフォームなどと比べて安価でオーナーの負担は少ないです。

コロナ禍の影響により非対面での受取を希望する人はますます増えています。設置していない場合は早急に設置し、選ばれる物件になるよう設備を充実させましょう!!

設備の充実は、空室対策や既存の入居者の満足につながり、物件の収益力アップに貢献します。

「不動産虎の巻」をお気に入りに登録しておきましょう!!

公務員から転職し、現在、不動産業界15年勤務。賃貸物件2棟所有。宅地建物取引士、不動産鑑定士(短答式試験合格、論文式試験勉強中)、不動産コンサルタント。 これまでの不動産についての豊富な業務知識、経験、人脈をもとに、役立つ記事を書いています。よろしくお願いします!

2019年入居者に人気の設備(全国賃貸住宅新聞 調べ)

入居者の人気の設備について、全賃新聞が2019年に調査をしています。恒例になっていますね。

今回はその調査で人気設備3位に入っている宅配ボックスを紹介していきます。

宅配ボックスが3位に入っている理由はいくつかあると思いますが、一番大きな理由はインターネットを通じた買い物の増加があると考えられます。

宅配ボックス(宅配ロッカー)設置(置き配) 入居者のメリット、デメリット

インターネットで買い物をして配達してもらう時、宅配ボックスがあるととても便利ですよね。

■宅配ボックス設置のメリット

①在宅時でも受取できない時や、不在時でも受取が可能(再配達不要)

②新型コロナウイルスの感染拡大による非対面での受取希望者の増加に対応

③女性は受取時、化粧や服装が気になるが、非対面で受取可能

④非対面での受取によるセキュリティ面での安全性

⑤宅配ボックスからの発送も可能

宅配ボックス設置による入居者のデメリットは思い当たりません。

宅配ボックス(宅配ロッカー)設置(置き配) オーナー・管理会社のメリット、デメリット

現在、新築の分譲マンションではほぼ100%宅配ボックスが設置されています。

一方、アパートやマンションの賃貸住宅の場合、宅配ボックスの設置率は低いのが実態です。

周辺の競合物件より設備が充実していると、入居希望者に空室物件を選んでもらえる可能性が高まります!

物件に設置していない場合は早く設置をしましょう!入居者からオーナーに設置の要望がされることも今後増えるでしょう。

以下のように賃貸物件を検索するサイトでは、今や宅配ボックスの設置有無が物件選びの判断材料になっています。

イメージ
出典:ホームメイトHP

また、大規模修繕などのように、多額の修繕費用をかけず、物件の付加価値を少ない投資であげることができるのもポイントです。

仮に、家賃7万円の物件が3か月空室のままだと、21万円がオーナーに入金されないことになります。

宅配ボックスのいいところは、10室程度の賃貸物件であれば、3か月の空室分程度の安価な投資で設置ができることにあります。

それぐらいの投資で、空室対策につながるのであれば、設置しない手はありませんよね!!

オーナー・管理会社のデメリットは、設置にあたり少ない投資額ではありますが費用がかかることです。

宅配ボックス(宅配ロッカー)の種類、選ぶ際のポイント

それでは、どんな宅配ボックスがおすすめなのか、説明していきます。

宅配ボックス(宅配ロッカー)の種類は機械式と電気式(コンピューター式)

まず、宅配ボックスには機械式と電気式(コンピューター式)の2種類のものがあります。

■機械式

  • 暗証番号を回して入力するダイヤル錠や暗証番号を押して入力するテンキー錠などで開錠する。
  • 電気を使わないため電気代はかからず、電気配線工事は不要でランニングコストはかからない。
  • ほぼ宅配ボックス購入費用だけで設置が可能。

■電気式(コンピューター式)

  • カードキーやタッチパネルなどで開錠する。
  • リース契約が多く、毎月リース代がかかる。
  • 電気式は電気を使うため、電気配線工事が必要な場合もあり電気代が毎月かかる。
    メンテナンスの費用はメーカーによってはかかる。
  • 遠隔で監視しているためセキュリティは高い。

■まとめ

機械式は宅配ボックスの購入費用だけで設置が可能。一方、電気式はセキュリティは高いが費用面では劣る。
機械式は鍵がついていてしっかり固定されているのでセキュリティ面を心配するほどではなく、総合力で機械式をすすめます。

宅配ボックス(宅配ロッカー)を選ぶ際のポイント

選ぶ際のポイントは、価格、デザイン、色(傷がついたりするので黒系がおすすめ)、サイズ、捺印機能の有無、設置個数、屋内用か屋外用か、などがあります。

捺印機能と設置個数について補足します。

宅配ボックスに捺印機能があるものとないものがありますが、捺印機能があるものを宅配ボックス全体のうち数個は設置するべきです。

捺印不要な宅配業者もなかにはありますが、捺印が必要な宅配業者もあるからです。

設置個数については、貸室の1/3~1/2程度は必要だと言われています。貸室が10室であれば3~5個程度ということになります。

10室で3~5個程度の設置になりますので、宅配ボックスは入居者で共有して使うことになります(設置スペースは少なくて済む)。

仕組みは、

配達員が荷物を宅配ボックスに入れ暗証番号をセット→暗証番号を書いた不在票を入居者の郵便受けに投函→入居者は不在票に書かれた暗証番号を入力し荷物を取り出す

になります。

総合力の高い宅配ボックス(宅配ロッカー) 2選

宅配ボックスの大手メーカーは、DAIKEN(ダイケン)、Panasonic(パナソニック)、ナスタ、神栄ホームクリエイト、田島メタルワークなどがあります。

その中で、比較検討した結果、総合力の高い宅配ボックスは、DAIKEN(ダイケン)とPanasonic(パナソニック)になります。

他のメーカーは商品が高いこと、暗めの色がないことなどの理由で外しました。

(1)DAIKEN(ダイケン)   

まず、ダイケンから紹介させていただきます。

ダイケンの特長は、手ごろな値段、デザインがとてもオシャレ、暗めな色がある、上下左右自由に連結可能なものがある、捺印機能がある、屋外も可などが挙げれらます。

最初に、「ダイケン 共有仕様 宅配ボックス 【TBX-F(-G)型】 ご紹介」動画(4分27秒)で、商品の概要をご確認ください。

■商品概要

・屋外、上下左右自由に連結設置できる:TBX-F型←私のイチオシ


・各戸専有設置できる:TBX-G型

・たくさん設置できる:TBX-D型 TBX-BD型

商品ラインナップなどについては、以下の商品購入サイト楽天市場、Yahooショッピングにて詳しく説明されていますのでご確認ください。

ダイケンの商品は自社サイトでは販売していません。楽天、Yahooショッピングなどでお求めください。

ココがおすすめ

■楽天市場口コミ
・良い買い物が出来ました。
コスパの良いしなではないでしょうか。
まだ設置して間もないのですが、満足しています。ダイヤル式なので、比較的に上の年代の入居者にも使いやすそうです。
防滴設計で屋外でもある程度は雨風に耐えられるようですね。そこも嬉しく思っています。

・設置にはちょっと専門的な要素がありますが、使い勝手は申し分ないし、たいへん頑丈で活躍してくれそうです!

(2)Panasonic(パナソニック)   

次に、パナソニックの紹介をさせていただきます。

パナソニックの特長は、手ごろな値段、デザインがとてもオシャレ、暗めな色がある、捺印機能がある、屋外も可などが挙げれらます。

■商品概要

・プッシュボタン錠を採用し、各戸で1台使用する「専有1錠」、複数戸で共有使用する「共有4・6・8錠」がある

・サイズは、コンパクトタイプ、ハーフタイプ、ミドルタイプがある。1番荷物が入るミドルタイプがおすすめ。

・カラーは、ブラック、シルバー、ホワイト、ブラウンがある

商品ラインナップなどについては、以下の商品購入サイト楽天市場、Yahooショッピングにて詳しく説明されていますのでご確認ください。

パナソニックのサイトで販売価格を見ると定価はかなり高いため、楽天、Yahooショッピングなどでお求めください。

ココがおすすめ

■パナソニック口コミ
仕事を始めてから家を留守にすることが増えました。
そんな時、宅配が届いても不在で再配達の電話を掛けたり…
面倒な事ばっかりでした。
でもこれさえあれば不在時に受取り可能。 自動で捺印を済ませてくれるそうです。
こんな便利なモノが出来ていたなんて。今後の活躍が楽しみです。

なお、玄関前のドアなどにワイヤーをくくりつけて設置する簡易的な宅配ボックスもありますが、盗難やいたずらをされるリスクがあるため避けた方が無難です。

まとめ

宅配ボックスは入居者に人気の設備ですので、空室対策、入居者満足につながります。設置をしていない場合は早急に設置をしましょう!!

宅配ボックスはリフォームなどと比べてオーナーの負担が少なく設置ができます。競合物件より設備を充実させ、入居率を高め、物件の収益力をアップさせましょう!!

日本の賃貸住宅の空室率は約20~30%程度(5室に1室空室)と言われています。人口減少が進んでいく社会でありますので、オーナーは空室対策の方法をいま一度、真剣に考える必要があります。

空室になっている場合、あるいは今後空室にならないようにするためにまず考えるべきことは、入居者がどういう設備のある賃貸住宅に住みたいと考えているのかを把握することが出発点になります。

この記事が、オーナー・管理会社などの皆様に少しでもお役に立てれば幸いです。

◆関連記事◆

武蔵コーポレーション4
【業界15年】おすすめの管理会社は武蔵コーポレーションで決まり!!

この記事では、以下のような不動産オーナー(大家)の悩みや不安を少しでも解消できたらと思い、解決策を書いています。 ■オーナーの悩みや不安(事例)・物件の管理を任せているが、   ① ...

続きを見る

【必見!解説】賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律成立

2020.6.12、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が成立しました。その概要を解説します。 概要をつかんでおくと法律が施行されるときに焦らなくて済みますので、一読しておきましょう! 公務員 ...

続きを見る

イメージ図
【知らないと損】不動産の賃貸管理の方法は、自主管理か、管理委託か

副業、節税対策、相続などで収益物件を取得した(しようとしている)が、物件の管理はどのようにしたらよいのかお困りの方々のお役に立てればと思い、記事を書いています。 最初はどうしたらよいかわからなかったり ...

続きを見る

-空室対策

© 2021 不動産虎の巻 Powered by AFFINGER5